仕事は輝く。石を切り出すだけの仕事に働く喜びを見つけた物語(犬飼ターボ)

この物語は「石切り職人の話」という有名な寓話を元にして書かれています。

失敗したときに必要以上に自分を責めていませんか?

自分を責めることは癖になってあなたの可能性を小さくしてしまいます。

この物語では悪循環の思考を変えることにより思い通りに生きるための

考え方を知ることができます。

・自信がなくてミスが多い

・自分を責めやすい。落ち込みやすい

・休み明けに仕事にいくのがおっくう

・上司に不満を持たれてしまう

・ちゃんとしているはずなのに上司にあまり評価されない

このような悩みを誰しもが持ったことがあるのではないかと思います。

解決方法を秘法という言葉で伝えています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

・第一の秘法 意識の持ち方で仕事が変わる

厳しい親方の指導にビビりながらミスを繰り返してみんなの笑いものの主人公は

自分の行っている仕事に対して専門家とての意識を持つことで上手な人を観察して

質問することで短期間で技術の習得をしていきます。

・第二の秘法 自分を責めることに意味はない

短期間で技術を習得した半面、いままで失敗ばかりしていてまわりに迷惑を

かけたことに対して自己嫌悪に陥ってしまうが、必要以上に自分を責めて落ち込んだり

しないことが改善が上手にでき、成長が早くなることに気が付きます。

・第三の秘法 仕事には意味がある

仕事を覚え以前よりも正確に早く切り出せることができるようになったことを

喜んで先輩に話したら、安い給料で重たい石を切り出して運んでいるだけだ

得しているのは親方だけだと言われ、すっかりやる気を失ってしまう。

 

「おいおい、自分の仕事の結果がどうみんなの役に立っているか

知らずに働いていたのかい。驚いたな。一度自分の目で確かめたらいい」

自分が切り出した石がこの国の城壁に使われていることを知り、ただ石を切り出している

作業だけじゃないことがわかり毎日の頑張りが報われて気分になった。

「僕は町の人達を守る城壁を造っている。」

やがて部下を持つようになり自分が体験したことを共有することでさらに自信を深めていくが・・・

・第四の秘法 期待を超えることで信頼が生まれる

・第五の秘法 行き詰ったときのとてもシンプルな対処法

と続きます。期待を超えることは、相手の気持ちを理解してくみ取ることができないと

いけませんし、工夫も必要です。与えられた仕事だけをこなすのではなく

世の中のために自分が貢献できているんだと実感したときにはじめて仕事の醍醐味を

知ることができるのではないかとわたしは思います。

行き詰るということは、困難やトラブルに遭遇することですが、自分を変えることで

改善できる部分は問題はないんですが、外部の要因でどうにもならなかった場合

あなたならいったいどんな行動を取りますか?きっと勇気が必要になると思います。

この本を読むことで、あなたが思い通りに生きるための考え方ができるように

なることを願っています。最後まで読んでいただいてありがとうございます。
仕事は輝く [ 犬飼ターボ ]

プッシュ通知を

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする