成功のための未来予報 10年後の君は何をしているか(神田昌典)

いまの自分にできることは何か

真剣に考えた事がありますか。わたしも常に意識しているか

と言えばノーですが、今この瞬間に想像している事が未来の

夢を現実にする力に関わっているとしたら・・・

このお話は著者が全国の社長に向けてお話しをしている

「7つの未来予報」を高校生に向けて話した内容をまとめています。

エリート高校生と普通の高校生に能力差はない。

新しい仕事を創り、人の上にたっている人は、偏差値や学歴に

自分の未来を委ねたのではなく、自分にしかないことを

追い求めやり続けた結果、経営者になっていることが多いです。

逆に高学歴の人たちは、新しい仕事を作り出す側にはあまり

立ちません。

君たちの未来の活躍には、学校のレベルは関係ありません。

2万人を超える社長と出会ってきた私が、保証します。

未来について確実に言えることは、創造を超えたものになると

いうことで、想像よりも、現実のほうが早く動いているのです。

学校のレベルや一時の成績で、自分の未来を低く見積もってくれるな

現在には、すでに未来の種が宿っているのです。

未来予報を聞くと、見えない富が見えるようになる。

未来はどうなっているかが見えたとたん、そこに辿り着くために

一気に加速して、さまざまなアイデアが生まれます。

知識が相乗効果を生みながら、新しい仕事が創られて、

新しい産業が生まれはじめるのです。

だから、あなたがいま必要なのは、未来への新しいビジョンなのです。

枠を超えて、広いフィールドに飛び出したときに、ようやく

自分たちの才能が生きる分野が見つかるんですね。

あなたが、どんな未来で活躍することになるのか、一緒に考えてみませんか?

・第一の未来予報 お金がなくなる

お金とは、記録メディアで、相続力を使えば使うほど、お金が増えていく。

・第2の未来予報 会社がなくなる

大人よりも高校生のほうが、稼げるようになった!?

・第3の未来予報 病気がなくなる

300万の治療と、3000円の治療。どちらが効果的?

・第4の未来予報 国境がなくなる

国境があることより、ないことのメリットのほうが大きい

・第5の未来予報 学校がなくなる

教育変革のスピードが、次世代に豊かさをもたらす

・第6の未来予報 貧困がなくなる

ケータイ電話で、貧困をなくす

・第7の未来予報 制約がなくなる

鎖につながれた象にならない

10年後のわたし自身ですが、東京オリンピックに関わる仕事をすることで

いろんな方と出会い、持病を忘れて活発に活動しているでしょう。

未来の方向性を知り、行動を変えることで、不安やリスクを回避する

能力が格段に上がっている姿を想像できます。

まずは自分の置かれている現状を認めましょう。

納得いかない人のほうが大多数ではないかと思います。

変化の激しい世の中に飲み込まれることなく、うまく波に乗って

サーフィンできるヒントがこの本にはちりばめられてると思います。

この書籍があなたのお役に立てますように。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございます。

成功のための未来予報

プッシュ通知を

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする